【在校生BLOG】vol.4 現場実習を通じて学んだこと

 

みなさんこんにちは!

ヘアメイク科2年の諏訪です😊

 

新1年生や高校生へ向けて、

少しでもベルのことを知って貰えたらなと思い

今回は私が入学を決めた大きな理由でもある

現場実習についてお話したいと思います💨

 

ヘアメイク科の現場実習は

大体1年生の夏頃から始まります!

 

TVや雑誌、MV撮影などの現場に

ヘアメイクアシスタントとして

入らせて頂いたり、アシスタントではなく

自分自身が実際にヘアメイク

担当させて頂く現場もあったり…と

様々な機会があります💪🏻

 

入学当初は自分が本当に半年も経たないうちに

現場に出れるのかとても心配でした…🙀🙀

 

ですが、アシプロ(アシスタントプログラム)

と呼ばれている、アシスタントの動きや知識を

1から教えてもらえる機会があるのでしっかりと

準備をすることができました🌟

 

はじめての現場は、

もちろんすごく緊張したし

今でも現場実習がある朝は緊張しています😅

 

はじめのうちは、もっとこうすればよかった😔

と後悔することが多く、後ろ向きになりそうでした💧

 

それでも、ここは良かったかな✌🏻と

考えることや、先生方に相談する

ことで気持ちを切り替えています!

 

経験を積んで慣れていくことが

大事だなと思って、1年生の1年間で

約30件の現場に行かせて貰いました🐾

 

アシスタントは道具の片づけ、

撮影時のお直し💄など現場の種類によって

指示されることが異なるので臨機応変

対応できるようにしています!!!

 

 

その中でも印象に残っているのは、

亀と山PのMV撮影や乃木坂46のドラマ撮影

逃走中や変装かくれんぼハイド&シーク

など様々な作品に携わることができました!

 

自分の名前がクレジットに載った時は、

とても嬉しいし、やりがいを感じます☀️

 

いくつもの現場に出て活躍している

卒業生を見ると私はまだまだですが…🤦‍♂️

 

実際に現場の経験を通じて学んだことは、

ヘアメイクの技術だけではなく、

 

物事を先読みする力

周りを見て動ける力

ヘアメイクの仕事には重要だということです!!

 

私は誰からも好かれるような、

‶この人にお願いしたい”

思われるようなヘアメイクさんになれるように

学生生活あと1年を全力で

頑張っていきたいと思います😄🌸

 

ヘアメイク科2年 諏訪

(石川県立鹿西高等学校出身)